さまざまな年齢層が仮想現実をどのように使用できるか

仮想現実は、消費者や企業の間で人気が高まっています。 VR は、ユーザーをデジタル環境に配置することで、没入型のシミュレートされた体験をユーザーに提供します。 さまざまなジャンルのビデオ ゲームで使用でき、人々は楽しみ、フィットネス、社交の場でヘッドセットを使用しています。

ただし、仮想現実はまだ比較的新しいものです。 進化するにつれて、より多くのユースケースが出現します。 既存のアプリケーションにはどのようなものがありますか?また、それらから恩恵を受けるのはどの集団ですか? あらゆる年齢層のユーザーが VR を使用できますが、さまざまな目的で使用する可能性があります。

子供、大人、高齢者が VR から得るメリット

Meta、HTC、Sony などの大手企業が VR ベースのビデオ ゲームを作成しているため、仮想現実は一般的にゲーム業界と関連付けられています。

若い人が VR を使用することがよくありますが、多くのハードウェア メーカーは製品マニュアルに年齢の推奨事項を含めています。 たとえば、Meta Quest デバイスは、セーフティ センターの Web サイトによると、13 歳未満の子供には適していません。

Meta は、13 歳未満の子供がバーチャル リアリティを使用すると、怪我やその他の悪影響のリスクが高くなることを示唆しています。 これらの提案は医学に基づいたものではありませんが、ハードウェアが最適な年齢層に関する情報を提供します。 つまり、13 歳未満の子供は VR ヘッドセットを使用できますが、いくつかのリスクが伴います。

ここでは、13 歳以上の子供、18 歳から 65 歳までの大人、65 歳以上の高齢者など、年齢層ごとに VR を使用する利点を示します。

子供(13~18歳)

バーチャル リアリティは、13 歳以上のティーンエイジャーに無数の機会を提供します。 たとえば、VR:

  • 現実世界の設定とは異なり、子供たちは没入型環境で他のプレイヤーと交流できます。
  • 子供たちに規則やガイドラインを順守するように教え、自己規律を高めます。
  • テクノロジーを使用して参加するのに適した活動を子供たちに示します。
  • 子どもたちが敬意を持ってデジタル市民になることを奨励します。
  • 子どもたちがまったく異なる視点から物事を見るのを助けます。

大人(18~65歳)

18 歳から 65 歳までの成人が VR をバーチャル リアリティとして使用することで得られる利点を次に示します。

  • 社交の機会を提供し、ユーザーが仮想環境で他のプレイヤーとの共同体意識を育むことを可能にします。
  • ユーザーは世界中の場所や遠隔地を訪れることができます。
  • ユーザーは、VR を利用したリラクゼーション アプリを使用してマインドフルネスを実践できます。
  • クモ恐怖症、高所恐怖症、閉所恐怖症など、さまざまな恐怖症を治療します。
  • 障害を持つ人々が利用しやすく、学習、娯楽、ストレス解消に使用できます。

シニア(65歳以上)

65 歳以上の高齢者も、次のようないくつかの方法でバーチャル リアリティの恩恵を受けることができます。

  • 孤独感と社会的孤立の軽減;
  • 高齢者のメンタルヘルスの改善;
  • 高齢者が過去の瞬間を追体験できるようにする。
  • 高齢者に喜びと娯楽をもたらします。
  • 高齢者が新しいスキルを学び、心を研ぎ澄ますのを助ける。
  • 不安やその他の精神的健康状態を治療する薬など、一部の薬の必要性を減らしたり、なくしたりします。

VR および AR テクノロジーは、障壁を減らし、周縁化された十分なサービスを受けていない人々に、より多くの機会を生み出すこともできます。これにより、公平性と包括性の文化が促進されます。

年齢層別の一般的なバーチャル リアリティ アプリケーション

これらの年齢層が興味を持つ可能性のある一般的な VR アプリケーションは何ですか?

子供(13~18歳)

以下のリストには、子供たちが仮想現実を使用できるいくつかの方法が含まれています。

  • VR は、教育現場で数多くの用途があります。 たとえば、教師は仮想遠足を設定したり、教室でインタラクティブな活動を作成したり、生徒に社会的スキルを向上させる方法を教えたりすることができます。
  • バーチャル リアリティは、チャイルド セラピストがさまざまな状態に対処するのに役立ちます。 たとえば、自閉症、多動性および注意欠陥障害、慢性疼痛、または不安およびうつ病の子供の治療に役立つ可能性があります.
  • お子様は、VR を使用して、年齢に適した、楽しい、面白い、または教育的なゲームをプレイできます。
  • バーチャル リアリティは、環境が広々としていて危険がない限り、子供たちが身体活動に参加する機会を開くことができます。

大人(18~64歳)

18 ~ 64 歳向けの VR アプリケーションの例を次に示します。

  • VR ベースのフィットネス ゲームをプレイする際に、バーチャル リアリティを使用して身体活動のレベルを上げることができます。
  • 大人は、新しい仕事を始めるときに、高度な VR 指向のトレーニングに参加できます。
  • 彼らは現在の仕事で VR 技術に触れ、会社の目標を達成するために実際に使用します。
  • 彼らは新製品をオンラインで購入できます。
  • VR ヘッドセットを使用してメタバースに参加できます。
  • 大人は、仮想現実を使用して遠隔医療の予約に参加できます。
  • 人々は、精神的および感情的な幸福のために特別に設計された VR ソフトウェアを使用できます。
  • 大人は仮想会議に参加したり、金融サービスを提供する専門家と話したりできます。 たとえば、バーチャル リアリティを使用して、プランナーと仮想的に会うことで、退職後の貯蓄を行うことができます。 ミレニアル世代は、VR を使用して将来の計画を立てることで最も恩恵を受けるでしょう。

シニア(65歳以上)

高齢者が VR を使用できるいくつかの方法を次に示します。

  • 家を出ることなく遠く離れた場所に移動し、移動が制限されている人々が楽しい経験をするのを助けます。

関連項目: Rendever と AARP がバーチャル リアリティを使用して一生の願いを叶えた方法

  • Pacific Neuroscience Institute によると、VR ゲームは成人の認知機能の低下を遅らせ、認知症を遅らせる可能性があります。
  • 高齢者は、他のユーザーと交流することで社交性を高め、孤立感を和らげることができます。
  • VR を使用して回想療法を行い、ユーザーの触覚、嗅覚、視覚、聴覚、味覚を刺激することができます。 認知症の高齢者は、VR を使用して、過去に訪れた人、イベント、場所を思い出すことができます。
  • 高齢者は VR ヘッドセットを装着して、将来の家がどのようになるかを確認できます。 Cloverwood Senior Living と Arnold Imaging はパートナーシップを結び、VR を使用して住民に Cloverwood 施設のテラスでの生活がどのようなものかを示しました。

あらゆる年齢層向けの VR アプリケーション

バーチャル リアリティはまだ開発の初期段階にありますが、市場は今後数年で成長するでしょう。 消費者や企業の間で人気が高まるにつれて、あらゆる年齢の人々がその恩恵を受けることができます。

バーチャル リアリティには無限の可能性があるため、特定の年齢の人が VR ハードウェアとソフトウェアを使用する必要がある、または使用しない理由はありません。

ゲスト投稿



ゲストオーサーについて


デヴィン・パルティダ

Devin Partida は、テクノロジ、ビジネス、複合現実などを専門とするテクノロジ ライターです。 彼女は ReHack.com の編集長でもあります。


Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *