ロボットはホワイトカラーのオフィスワークに統合されます

編集者注: The New York Times のビジネス コンテンツが、Finance & Commerce のサブスクリプションに含まれるようになりました。 サブスクライバーではありませんか? ここから購読を開始してください.

韓国、城南 — 新しい従業員は、コーヒーを取りに行ったり、食事を配達したり、荷物を受け取ったりするなどの日常的なタスクを完了するために、オフィスを駆け回りました。 彼らは誰の邪魔をしたり、個人的なスペースを侵害したりしませんでした. 彼らは控えめにエレベーターを待っていました。 そして、おそらく最も魅力的なのは、彼らが文句を言わなかったことです。

それは彼らがロボットだったからです。

Naver — 韓国の完全なインターネット コングロマリット — は、ロボットをオフィス ライフに統合する実験を数か月にわたって行ってきました。 ソウル郊外にある未来的な、まったく工業用の 36 階建ての高層ビルの内部では、約 100 台のロボットの艦隊が自力で巡航し、ロボット専用のエレベーターで床から床へと移動し、時には人間の隣でセキュリティを通過します。ゲートと会議室への入場。

検索エンジン、地図、電子メール、ニュース アグリゲーションを含むネイバーのウェブ サービス ネットワークは、韓国では優勢ですが、海外でのリーチは限られており、Google のような企業の世界的な評判に欠けています。 同社は成長のための新たな道を模索している。 10 月には、オンラインの中古品小売業者である Poshmark を 12 億ドルで買収することに合意しました。 現在、ネイバーは、企業のオフィス スペースでロボットを駆動するソフトウェアを、他の企業が最終的に必要とする可能性のある製品と見なしています。

ロボットは、工場や小売店、ホスピタリティなどの他の職場にも定着していますが、キュービクルや会議室などのホワイトカラーの世界にはほとんど姿を見せていません。 厄介なプライバシーの問題があります: 会社の廊下をローミングするカメラとセンサーでいっぱいのマシンは、悪用された場合、企業監視のディストピアのツールになる可能性があると専門家は言います. 従業員の邪魔をせずに機械が自由に移動できるスペースを設計することも、複雑な課題です。

しかしネイバーは、転がるゴミのように見える自社のロボットが、従業員が快適に過ごせるように見え、動き、行動できるようにするために、広範な研究を行ってきました。 また、独自のロボット プライバシー規則を開発することで、将来のオフィス ロボットの青写真を作成したいと考えています。

「私たちの現在の努力は、ロボットが人間に与える不快感を最小限に抑えることです」と、ロボットを開発している子会社であるネイバー ラボの幹部であるカン サンチョル氏は述べています。

同社の社会的影響チームで働くヨ・ジウォンは最近、ネイバーの職場アプリでコーヒーを注文した。 数分後、「新人」は 23 階のエレベーターを降り、セキュリティ ゲートを通り抜け、彼女のデスクに近づきました。 近づくと、ロボットは 2 階のスターバックスで用意されたアイスコーヒーの入った収納コンパートメントを開けました。

ヨー氏によると、ロボットは常に完璧であるとは限らず、予想よりも遅く動いたり、座っている場所から離れすぎて止まったりすることがあります。

「ベータ リリースのように感じることがあります」と、まだ開発中のソフトウェアを表す技術用語を使用して彼女は言いました。 しかし、配達は彼女の時間を節約し、仕事に集中するのに役立ち、コーヒーショップまで歩いて気を散らすことがなくなります.

テクノロジー企業は従業員に自社製品のテストを奨励することがよくありますが、ネイバーはロボットを使用してオフィス全体を研究開発ラボに変え、従業員を将来の職場技術のテスト対象として配置しています。

ネイバーの従業員が今年建設を終えたオフィスに車で行くと、会社は職場のアプリで駐車場所のリマインダーを自動的に送信します。 従業員は、コロナウイルスの拡散を防ぐために、マスクをしたままでも顔認識を使用するセキュリティ ゲートを通過します。 ネイバーの社内健康クリニックでは、人工知能ソフトウェアが、従業員の年次健康診断の重点分野を提案しています。

そして、ロボットがあります。

ネイバーは、ロボットを念頭に置いてゼロからオフィスを設計し、2016 年に建設を開始しました。すべてのドアは、ロボットが近づくと開くようにプログラムされています。 狭い廊下や床に障害物はありません。 天井には数字と QR コードが記されており、ロボットが向きを変えるのに役立ちます。 カフェテリアには、ロボットが食事を配達する専用のレーンがあります。

その研究の一環として、ネイバーは人間とロボットの相互作用の分野での研究も発表しています。 たとえば、一連の実験の後、Naver は、人で混雑したエレベーター内のロボットにとって最適な場所は、エレベーターのボタンの反対側の入り口の隣のコーナーであると結論付けました。 ロボットをエレベーターの後ろに置くと、人間が不快になることがネイバーの研究者によって発見されました。

同社のエンジニアは、ロボットが向かっている方向を見つめるアニメーションの目も設計しました。 彼らは、従業員がロボットの視線を見ることができれば、ロボットの動きをよりよく予測できることを発見しました。

どの機械も人間のようには見えません。 カン氏は、同社はロボットが人間のように振る舞うという誤った印象を人々に与えたくないと述べた。 (一部のロボット工学の専門家は、ヒューマノイド ロボットが人間をより不快にするのではなく、より不快にすると考えています。)

もちろん、ロボット技術を進歩させようとしているテック企業はネイバーだけではない。 Rice Robotics は、アジア各地のオフィス ビル、ショッピング モール、コンビニエンス ストアに小包や食料品などを配達する何百ものアニメ調の箱型ロボットを配備しています。 テスラが 9 月に発表したプロトタイプの Optimus のようなロボットは、より人間に似るように設計されており、箱や水生植物などを運ぶように設計されていますが、実用化にはほど遠い状態です。

ライス・ロボティクスのビクター・リー最高経営責任者(CEO)は、マシンとネイバーのロボットフレンドリーな建物のビデオを見て感銘を受けたと語った. ライスの配達ロボットは機能が異なるが、ネイバーのアプローチは「理にかなっている」と彼は語った。 「ネイバーは明らかに、これらのムーンショット プロジェクトにより多くの開発予算を持っています。」

ネイバーは、同社のロボットの際立った特徴の 1 つは、ロボットが意図的に「脳を持たない」こと、つまり、マシン内で情報を処理するローリング コンピューターではないことだと述べています。 代わりに、ロボットは集中型の「クラウド」コンピューティング システムを備えた高速のプライベート 5G ネットワークを介してリアルタイムで通信します。 ロボットの動きは、カメラやセンサーからのデータを使用して処理されます。

各ロボットには、周囲の画像を記録する複数のカメラがあります。 ロボットが正確に何を知る必要があるか、収集されたデータがどのように使用されるかについて、ネイバー内で意見の相違がありました。 Naver の最高データ保護責任者である Lee Jin-kyu 氏によると、プロトタイプが開発されていたとき、エンジニアは当初、ロボットがより迅速かつ正確に位置を評価するために、より広い視野を記録することを望んでいました。

Lee 氏は、これによりデータが従業員の知らないうちに追跡される可能性があり、厳格な労働法とプライバシー法がある韓国の会社に法的な問題が生じるのではないかと心配していました。 リーとエンジニアは、前面カメラから毎秒 1 枚の写真だけをキャプチャし、複数の画像が必要な場合にのみ他のカメラを使用することに同意しました。

カメラは人の腰の下しか見ることができず、ロボットが向きを変えるとすぐに画像が削除されます。 ロボットが倒されたり、カメラの角度が突然変わったりすると、緊急モードが作動します。 そのような場合、ロボットは人の顔を記録する可能性があることをアナウンスします。

ネイバーの予防措置にもかかわらず、プライバシーの専門家は、潜在的な顧客がロボットを変更したり、データ収集方法に関する独自のポリシーを作成したりする可能性があることを懸念しています. ソウルのプライバシー弁護士である Kim Borami 氏は、多くの韓国企業がデータ ポリシーについて不透明であり、企業がプライバシー法に違反している例に遭遇したと述べました。

彼女はまた、Naver が独自のプライバシー ポリシーに従っているかどうかは、Naver が公に共有していないソフトウェアを詳しく調べない限り、確実に知ることは不可能であると述べました。

「通常、内部告発者または情報漏えいが発生するまで、企業内のプライバシー侵害に気付くことはありません」と Kim 氏は言います。

ネイバーは、従業員データのプライバシーと監視に関する韓国の法律に準拠していると述べた。 しかし、新しいワークプレイス テクノロジーの課題の 1 つは、その場でルールを作成することです。

ネイバーのエンジニアであるリー氏は、「私たちが必要とするプライバシー ポリシーの基準はありません。 「ゼロから始めなければなりませんでした。 そこが一番難しかったです。」

この記事は、もともとニューヨーク タイムズに掲載されたものです。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *