人工知能はジャーナリズムの黄金時代を作るだろう、ラジャ・サバ副会長は言う

月曜日にインドマスコミュニケーション研究所(IIMC)のオリエンテーションプログラム2022-23を開始したRajya Sabha副会長のHarivansh Narayan Singh氏は、独立前にインドのジャーナリズムの黄金期があったと述べた. 当時のジャーナリストは「投資家」であると同時に「調査官」でも​​ありました。 限られたリソースで、彼らはジャーナリズムの黄金時代を作り上げました。 今日のテクノロジーと人工知能の時代では、私たちは多くのことを簡単に行うことができ、ジャーナリズムは新しい黄金時代を作り出すことができます. この機会に、インド政府の情報コミッショナーである Shri Uday Mahurkar 教授は、次のように述べています。 Sanjay Dwivedi、IIMC 事務局長、Prof. Govind Singh、学部長(アカデミック)、教授プログラム コーディネーターでウルドゥー語ジャーナリズム部門の責任者である Pramod Kumar 氏をはじめ、IIMC のすべてのセンターの教職員と学生が出席しました。

「メディアとアムリット・カルの解決」という主題についての彼の見解を表明するシュリ. Harivansh ji は、かつては 100 年で変化したものが、今日では変化するのに 2 日もかからないと言いました。 今日、ささやかなリソースでメディアのスタートアップを開始し、社会に変化をもたらすことができます。 インドの未来は若者の粘り強さで決まる。 独立 100 周年のインドの姿はどのようなものになるでしょうか。 それは若者の夢と決断によって決まる。

Rajya Sabha の副議長によると、ジャーナリズムの時代は完全に変わりました。 課題から抜け出す方法を見つけなければなりませんが、最良の部分は、課題の中で、今日の若者には無限の機会があるということです. 彼は、変化の最大の章は人間が書くことができると言いました。 今日、印刷物、ラジオ、テレビ以外にも、デジタル メディア、広告、広報活動、オーディオ、ポッドキャスト、マルチメディア、データ サイエンス、メディア教育など、多くの選択肢があります。

Shri Harivansh ji は、今日、ソーシャル メディアのせいで、ジャーナリズムの前に信頼性の危機が生じていると述べました。 Facebook や Twitter などのソーシャル メディア プラットフォームでは、毎日何十万ものフェイク ニュースが配信されています。 私たちは皆、一緒にそれらに立ち向かわなければなりません。 彼は、ジャーナリズムは信頼性がなければ効果的ではないと言いました。 テクノロジーは私たちにとって恵みであると同時に教訓でもあります。 それをどう使うかは私たち次第です。

インドのルネサンス期:マハーカー

この機会に、インド政府の情報コミッショナーである Shri Uday Mahurkar 氏は、デジタル革命により、この国に新たな発展の姿が浮かび上がってきたと述べました。 今日、国益はすべての人にとって最優先事項です。 これはインドのルネッサンスの時代です。 彼は、一方では「国家第一」の外交を行っており、他方ではインドの「ソフトパワー」が全世界を驚かせていると述べました。 マフカー氏によると、TRP に基づくジャーナリズムは、メディアと社会の両方にとって非常に有害です。

インド人は危機に立ち向かうことができる:Prof. ドワイヴェディ

新入生を指導するIIMC所長 Sanjay Dwivedi は、今年は皆さん全員にとって瞑想と献身の年であると述べました。 彼は、私たちは自分の思うようになると言いました。 過去75年間、私たちは素晴らしい旅をしてきました。 今後 25 年間で、インドを世界の舞台でヴィシュワ グルとして再確立する必要があります。 教授によるとドイヴェディ、インド人はこの世界で唯一、あらゆる状況で調整できる人です. 世界は、インド人があらゆる種類の危機に立ち向かうことができると信じています。

プログラムの 2 番目のセッションでは、JK Bajaj 博士、ICSSR 会長、ニューデリー、グループ プレジデント、プランニング アンド コントロール、パシフィック大学、Prof. Bhagwati Prakash Sharma、ペルシャおよび中央アジア研究センター教授、JNU、教授マザール アシフと「オーガナイザー」の編集者であるプラフラ ケトカール氏は、「アムリット カール:パンチ プランとメディア」というトピックについて生徒たちを案内しました。

スマート。 News 24 の編集長である Anuradha Prasad 氏、Shri の Business World の社長兼編集長である Anurag Batra 博士。 NEWJの創設者、CEO、編集長であるShalabh Upadhyayと、DBGテクノロジー(インド)のエグゼクティブディレクターであるAbhishek Garg博士は、最終セッションで「自立したインドとメディア起業家精神の目標」というトピックについて学生と交流しました。オリエンテーションプログラム。

この機会に、教授が編集した本「ニュー・メディア・ジャーナリズム」が出版されました。 Anubhuti Yadav と教授によって書かれた本「Mediakarm: yogata aur yatharta」。 Pramod Kumarもリリースされました。

2日目プログラム

マハトマ・ガンジー国際ヒンディー大学副学長、ワルダ教授 Kendriya Hindi Sansthan 副学長の Rajneesh Shukla、シュリ アニル K. シャルマ、Kumud Sharma 教授、デリー大学ヒンディー語学科、タンザニア出身の著者 Priyanka Om 女史は、「インド言語の世界進出」というトピックについて学生と交流します。火曜日に。 2 番目のセッションでは、インド広告基準評議会の最高経営責任者であるマニシャ カプール氏、ADG、CBC、GOI のシュリ K. サティシュ ナンブーディリパッド氏、およびデジタル アドバイザリーの責任者であるエデルマン氏のデバンジャン チャクラボルティ氏が、「ブランドの構築」というトピックについて講演します。デジタル時代。 その日の最後のセッションでは、「PR による評判の管理」というトピックについて、Umesh Upadhyay 氏、Reliance Industries Limited 社長兼ディレクター (メディア)、Samir Kapoor 氏、AdFactors PR ディレクター、Ajit Pathak 博士、PRSI ナショナル プレジデント、アソシエイト バイス プレジデント、ヒンドゥスタン コカコーラ (PR) の Kalyan Ranjan 氏と IFFCO の広報および PR 部門のシニア マネージャーである Harshendra Vardhan Singh 氏が学生と交流します。


.

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *