北東部のロボティクス チームが世界大会で 3 位を獲得

カリフォルニア州ロングビーチ – ロングビーチ コンベンション センターで開催された ANA アバター XPrize ロボティクス コンテストの最終日の前夜、チーム ノースイースタンは真夜中の油を燃やしていました。 10 人のチームは、移動ロボットの手のプロトタイプを 3 つ作成し、左腕のモーターを修理し、ソフトウェアの問題をすべて解決してから、土曜日の午後に出場しました。

提供写真

金曜日、チームはそのロボット、Robalto が競技会の 3 番目のタスクを完了できなかったのを見ました。それは、火星のような障害物コースのアクセス パネルを開くためにハンドヘルド ドリルを操作することでした。 翌日、午前 6 時から午後 1 時 30 分の最終走行まで、ロボットの機能強化とテストを行った後、ノースイースタン チームはロボットが 21 分 8 秒でコースを完走するのを観察し、17 人のファイナリストの中で 3 位で 100 万ドルを獲得しました。世界中に。

「このコンテスト全体を通じて、ロボットの可能性を最大限に発揮し、誰もが私たちがもたらしたことを確実に理解できるようになることを望んでいました」と、機械工学の学生であり、チーム。 「実行中に、全員がそれを認識し、最終的に星が整列し、すべてが報われることを本当に望んでいました. 血と汗と涙のすべてなので、見るのは明らかに非常にストレスがたまりましたが、本当にやりがいがありました。」

競争の後、チームは意気揚々とロバルトを動かしました。ロバルトは、2 つの油圧式アームと小さなカメラとオペレーターの顔が表示されるスクリーンを備えた車輪付きの大きな黒いボックスで、2 日間の決勝戦で配置された「ガレージ」に戻りました。 .

ベース プラットフォームは MassRobotics によって研究ラボに提供されましたが、ロボットの残りの部分は、システム用の部品、アーム用の 3D プリント部品、およびチームによって完全に設計された 3 本爪のグリッパーを注文した学生によって構築されました。

チーム ノースイースタンは、ANA Avatar XPrise コンペティションで活動を開始しました。これは、タスクを完了し、人間の感覚、行動、存在をリアルタイムで遠隔地に複製できる、人間が操作する物理的なロボット「アバター」システムを開発するもので、1 年以上前にコンペに参加しました。マイアミでの準決勝で $133,000 を獲得しました。

Taskin Padir 教授と Peter Whitney 教授が率いるチーム メンバーは、教授の研究室で 1 週間に 60 時間近くを Robalto の研究に費やし、Whitney とは触覚力学を、Padir とは実験的ロボット工学を研究しました。

今年、チームは、システムの快適性、使いやすさ、接続性を評価する審査員によってロボットがワイヤレスで制御されることを知っていたため、最小限の指示を受けました。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *