自己主権型 ID で電子 ID を簡単に

ラファエルグループ、シニア プロダクト マネージャー ネットセテラは、デジタル ID の使用に関して消費者に完全な透明性を提供するエコシステムである自己主権 ID の助けを借りて、電子 ID の新時代について語っています。

オンラインで身元を確認し、なりすましであることを証明することは、現代では非常に困難です。 多くのオンライン取引では、消費者ができるだけ簡単かつ安全に身元を確認できるようになれば、はるかに簡単になります。たとえば、銀行や当局に対して、オンラインで買い物をするとき、または年齢制限が適用される状況で年齢を証明するときなどです。 既存の集中型 ID システムでは、プライバシーが損なわれます。

また、Google や Apple などの大手テクノロジー企業への不快な依存もあります。 セキュリティと認証の容易さに関して、より持続可能なソリューションが求められているようです。

デジタル ID に対するユーザーの信頼を高めるために、自己主権 ID (SSI) の概念が開発されました。 SSI は、デジタル ID の使用について消費者に完全な透明性を提供するエコシステムであり、消費者は、どの識別機能がどの組織やサービスと共有されているかを自分で判断できます。

自己主権 ID は、市民が自分の ID データを特別な ID ウォレット (スマートフォンなど) に安全に保存および管理できるようにすることを目的としています。 利用者は、契約時やサービス利用時に個別にIDを表示することができます。 システムは 3 者モデルに基づいています。ユーザーは、対応する証明書を発行する信頼できる ID サービス プロバイダー (発行者) にデータを送信します。 ユーザーがこの証明書を使用して銀行、当局、またはサービス プロバイダーの身元を証明すると、発行者は要求に応じて証明書の信頼性を確認できます。

自己主権アイデンティティ: 機会

個々のデジタル ID プロバイダーやコンソーシアムから Microsoft のような主要なプレーヤーまで、SSI は幅広い業界でサポートされており、これを使用する良い機会があります。 IDウォレットとペイメントウォレットはどちらも非常に高いセキュリティ要件を備えており、これら2つのタイプのウォレットが収束する可能性が高いため、開発のさらなる機会を提供します.

銀行や金融サービス プロバイダーは、多数の顧客関係を持ち、顧客の信頼を享受しているため、独自の機会を利用できるようになっています。 これは、デジタル ID および SSI プロバイダーとしての地位を確立するための優れた出発点となります。

最後に、公共機関は、KYC (Know Your Customer) や PSD2 規制への認証など、既存の規制要件を満たすための有望な方法として自己主権 ID を見ています。 同時に、SSI はデータ保護も保証します。

自己主権アイデンティティ: 課題

課題は、これまでの SSI へのアプローチがそれぞれローカルな焦点を追求しており、相互運用可能なパイロット プロジェクトがほとんどないという事実にあります。

知られている唯一のそのようなプロジェクトは、SSI と EIDAS の原則を考慮した、デジタル ID を標準化するための EU レベルでのイニシアチブです。 さらに、民間部門のコスト削減などのメリットを最大化し、オンボーディングを促進するために、行政が関与する必要があります。 ただし、これはプロジェクトがゆっくりと進行していることを意味します。 行政が関与しないシナリオでは、民間部門が ID カード自体に代わるものを提供する必要があります。

デジタル ID ソリューション

一例として、Netcetera は SSI ベースの概念実証を実装して、さらなる製品開発の基礎を作成しました。

IDカード、運転免許証、健康保険証など、さまざまな本人確認書類をアプリに保存できます。 その後、ユーザーはアプリを使用して、さまざまなオンライン取引で身元を証明できます。 指紋や顔IDなどの生体認証の統合も、アプリの機能の1つです。

将来を見据えて

SSI は、個人データをこれまで以上に安全に保ちながら、重要な購入、政府文書の更新、機密情報へのアクセスなど、ユーザーがより便利にオンラインでできるようにする方法で ID をデジタル化する魅力的な機会を提供します。 Netcetera のシニア プロダクト マネージャーである Raffael Grob は、SSI に関してまだ存在する障害がすぐに克服されると確信しています。 消費者と企業の両方が、その多くの利点を享受できるようになります。

ラファエルグループについて

Raffael Grob は、Netcetera のシニア プロダクト マネージャーであり、Netcetera Identity 製品の開発チームを率いています。 Raffel Group は ID 部門で 20 年の経験があり、その経験を活かして、多数の業界や企業に ID ソリューションを提供してきました。 彼は、HWZ Hochschule für Wirtschaft Zurich でビジネス情報科学を学びました。 何よりも、自己主権型 ID ソリューションなど、現在および将来の市場動向を活用する ID 製品に情熱を傾けて取り組んでいます。

ネットセテラについて

Netcetera は、最先端の IT 製品と個別のデジタル ソリューションを提供するグローバル ソフトウェア企業です。 2,000 を超える銀行と発行者、および 150,000 の加盟店が、デジタル決済ソリューションと世界的に認定された 3-D セキュア製品を利用しています。 1996 年に設立された Netcetera は、ヨーロッパ、アジア、中東に 800 人の従業員を擁しています。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *