2023ヤマハNiken GTの詳細:新しいエンジン、シャシー…

ヤマハは、2023 年のナイケン GT をスポーツ ツアラー レンジの一部として発表し、エンジンとシャーシの変更、および新しい接続性の更新を特徴としています。

ナイケン GT は、2023 年のヤマハのスポーツ ツアラー発売の見出しにはならなかったかもしれませんが、トレーサー 9 およびトレーサー 7 シリーズと並んで登場することは確かであり、新しいモデル年に向けて独自のアップデートがたくさんあります.

おそらく、2023年の最も重要な変更はエンジンに関連しています。 ヤマハは、ナイケン GT 仕様で 2023 年に向けて 890cc CP3 モーターを更新し、エンジン容量が 5% 増加したことを意味します。 「ボア x ストローク」は 78mm x 62.1mm になり、新しく再形成されたクランク ウェブは、以前のバージョンと比較して質量が 8% 増加しています。

これはすべて、より制御可能なパワーデリバリーを実現し、低回転域での乗り心地を向上させることを目的としています。

新しいエンジンでは、前方に 5 度傾斜しているため、エンジンの位置も変更する必要がありました。 新しいクランクケースと新しいラジエーターもあります。

電子的には、エンジンはヤマハ チップ コントロール スロットル (YCC-T) とライド バイ ワイヤ アクセラレーター ポジション センサー グリップ (APSG) によって操作され、以前のアナログ システムに取って代わります。 「適切な」ことを確認するために「スタートアシスト」にも改訂があり、ヤマハは、クラッチが接続されているときにrpmレベルが維持されると述べています。

エレクトロニクスを続けると、エンジンモードは2023年に向けて新しいエンジンに合わせて改訂されます。 D-Mode(エンジンキャラクター)のオプションは「Sport」「Street」「Rain」の3種類で、スロットルレスポンスが徐々に滑らかになります。 さらに、「レイン」モードでは最大出力が 18% 減少します。

3 レベルのトラクション コントロール介入が利用可能です。 単純に「1」、「2」、「オフ」とラベル付けされた「一番」の設定は、2 つの「オン」モードの弱い設定であり、「オフ」は一目瞭然です。 各モードは、選択した D モード設定にも統合されているため、TC を 1 とともに スポーツ D モードを選択すると、TC を 1 Dモードを 、 例えば。

2023 年には、Niken GT には 2 ウェイのクイックシフターも付属し、4 速以上で走行すると、クルーズ コントロールを使用することができます (いいえ トレーサー 9 GT+ に見られるようなレーダー誘導) は、2kph 刻みで速度調整可能です。

エンジンのキャラクターも、新しいエキゾーストと新しいエアインテークによって調整されています。 ここでの調整の一部は、バイクをより静かにして、乗り物が聴覚的に邪魔にならないようにすることですが、2023年のNiken GTがEuro5基準を確実に満たすように排気も設計されています.

新しい排気設計の追加の利点は、地上高が増加することです。地上高を維持するためのもう1つの部分は、もちろんサスペンションです。 2023年のNiken GTの場合、ヤマハはリアサスペンションを更新して、鍛造アルミニウム製のまったく新しいリアショックリンケージアームを含め、以前のバージョンと比較してバネ下重量を236グラム節約しました.

ヤマハは新しいリアサスペンションについて次のように述べています。乗客。”

メインフレームも変更されているため、2023年に更新されるシャーシの部分はサスペンションだけではありません。 これらの調整は、エンジンに加えられた調整によるエンジンの特性の変化と、フレーム内での新しい位置を補正するために行われました。

人間工学的に、2023 Niken GT は、新しいスイッチ、TFT ディスプレイをナビゲートするための 5 方向ジョイスティック、USB-A コンセント、12V コンセント、および加熱されたグリップを標準装備しています。

一方、三輪車のツーリング資格を強調しているのは、両側に取り付けられた 30 リットルのハードケースです。

最後に、2023 ヤマハ ナイケン GT は「ヤマハ ブラック」の 1 色のみで提供され、個々のコンポーネントはブロンズで塗装されます。

2023 ヤマハ ナイケン GT テクニカル ハイライト:

  • 安定感のあるデュアル リーン フロント ホイール
  • LMW-Ackermann ステアリング – コーナーカービングの自信を備えた高い俊敏性
  • 新しいより強力な 890cc CP3 EU5 エンジン
  • 新しい 7 インチ フルカラー TFT マルチスクリーン メーター
  • 新しいスマートフォン接続
  • 新しい Garmin フルスクリーン ナビゲーション
  • 新しいECUと強化された電子制御技術
  • 新しいライドバイワイヤースロットル
  • ハンドルスイッチの再設計
  • 新型グリップヒーター
  • 新しいアップ&ダウン クイックシフター
  • 新しいアシスト & スリッパー (A&S) クラッチ
  • 新しい +/- 70mm 調整可能スクリーン
  • 新しいコンフォートライダーズシート
  • メインフレームを一新
  • 改訂されたリアサスペンションのリンケージと設定
  • より静かな吸気設計
  • 改良された排気システム
  • 新しいラジエーター
  • 新しい取り付けステーを備えたハードサイドケース

今すぐ購入できる珍しいオートバイ トップ 10 | ホンダ X-ADV、ヤマハ ナイケン

.

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *