Esker と Quadient が電子請求プラットフォームを開発し、フランス政府と提携

クォーディエント

エスカー クワディエント 開発する 電子 請求書発行 プラットホーム と提携する フランス語 政府

パリ、2022 年 11 月 21 日

グローバル クラウド プラットフォームであり、金融​​および顧客サービス機能向けの AI 駆動型プロセス自動化ソリューションのリーダーである Esker と、企業がデジタルおよび物理チャネルを通じて有意義な顧客接続を作成するのを支援するリーダーである Quadient は、本日、長年のコラボレーションが必要になることを発表しました。フランス政府の今後のパートナー非物質化プラットフォーム(PDP)と提携することにより、新しい次元に。

Quadient と Esker は、Quadient が顧客とサプライヤーの請求書を自動化およびデジタル化するための Esker の技術的専門知識を活用できるようにする戦略的パートナーシップである共同子会社 NCS を通じて 7 年以上協力してきました。 NCS が取っている新しい方向性は、このコラボレーションを強化し、あらゆる規模の企業が、定義されたタイムテーブルに従って、今後のフランスの税法に準拠するための円滑かつ安全な移行を確実に体験できるようにします。ポータル、EDI、または別のチャネル。

金融法では、VAT 納税者間で交換される請求書は、構造化データ形式 (UBL、UNCEFACT CII) またはハイブリッド形式 (Factur-X) で送信する必要があります。

  • 2024 年 7 月 1 日現在、すべての VAT 課税事業体 受け取り 請求書

  • 2024年7月1日時点 大企業向け 発行している 請求書

  • 2025 年 1 月 1 日以降、これは中規模企業に適用されます。 発行している 請求書

  • 2026 年 1 月 1 日以降、これはすべての中小企業に適用されます。 発行している 請求書

フランス政府によって承認されるパートナー非マテリアライゼーション プラットフォーム (PDP) は、必要な請求データをパブリック ビリング ポータル (PPF) に送信すると同時に、エンティティ間で電子請求書を送受信し、必要なすべての取引データを電子的に報告します。

電子請求書の普及 今後3年間 にとっての大きな課題です。 フランスの百万社。 中小企業向け電子文書管理市場の主要プレーヤーとして、 私たちの継続を楽しみにしています エッシャーとのパートナーシップ、私たちは力を合わせ、 する専門知識 オファー ビジネス 簡単で効率的 請求プロセス オートメーション“、” ニコラ・デ・ベコは言った、 主な戦略 と製品 役員 Quadient のインテリジェント ドキュメント オートメーション. 「政府のタイムテーブルでは、長期にわたる段階的な移行が求められていますが、多くの企業にとってコンプライアンスは重大な変化をもたらすため、不安の種になる可能性があることを知っています。 柔軟で適応したソリューションを提供することで、新しい管理方法の実装を予測できるようにしたいと考えています。 それは 接続され自動化された、 それで 彼らができること 自信を持って規制の期限に間に合います。」

National e-Invoice Forum のメンバーであり、財政総局 (DGFiP) と州金融情報技術庁 (AIFE) が主催するワークショップに積極的に参加している Esker と Quadient は、現在、次の準備を進めています。登録プロセスは 2023 年 9 月に開始され、公式に定義された時間枠に従って政府の認定が期待されます。

規制ガイドラインに準拠することに加えて、企業は、すべてのワークフローの集中管理、ビジネス プロセスの自動化、通信の完全な可視化と追跡、請求書のアーカイブ、関連文書の処理などの補完的なサービスを利用することもできます。支払い調整およびレポート機能。 これらのサービスは、他のビジネス ソリューションとの簡単な相互接続性と他のプラットフォームとの相互運用性によって促進され、管理プロセスの簡素化と最適化、デジタル トランスフォーメーションの加速、現金管理の改善を可能にします。

Esker は、このプロジェクトで Quadient をサポートできることを誇りに思っています。 長年にわたるパートナーとして、両社は協力して革新的なソリューションを提供する能力を実証してきました。 何千もの企業 今日フランスで」 COOのエマニュエル・オリヴィエ氏は次のように述べています。 エスカー。 「私たちは、現在および将来のお客様を支援することをお約束します 回転中 番目 規制 開発 機会に 為に 育つ番目 そして加速のイオン デジタルトランスフォーメーション。」

エッシャーについて

Esker は、財務および顧客サービスの専門家の戦略的価値を解き放ち、キャッシュ コンバージョン サイクルを自動化することで企業間のコラボレーションを強化するために構築されたグローバル クラウド プラットフォームです。 Esker のソリューションには、人工知能 (AI) などのテクノロジーが組み込まれており、生産性の向上、可視性の向上、不正リスクの軽減、顧客、サプライヤー、社内とのコラボレーションの改善を推進しています。 Esker は北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋地域で事業を展開しており、グローバル本社はフランスのリヨンに、米国本社はウィスコンシン州マディソンにあります。 Esker とそのソリューションの詳細については、www.esker.com をご覧ください。 LinkedIn で Esker をフォローし、blog.esker.com の Esker ブログで会話に参加してください。

Esker Contact – アイデアグローブ
クリスティーナ・デイビス 電話: (972) 366-7453
cdavies@ideagrove.com

Quadient®

Quadient は、世界で最も有意義なカスタマー エクスペリエンスの原動力です。 Quadient は、インテリジェント コミュニケーション オートメーション、パーセル ロッカー ソリューション、メール関連ソリューションの 3 つの主要なソリューション分野に焦点を当てることで、人と重要なものとのつながりを簡素化するのに役立ちます。 Quadient は、関連性のあるパーソナライズされた接続を作成し、優れた顧客体験を実現するために、世界中の何十万もの顧客をサポートしています。 Quadient は Euronext Paris (QDT) のコンパートメント B に上場しており、SBF 120®、CAC® Mid 60、EnterNext® Tech 40 インデックスの一部です。
Quadient の詳細については、www.quadient.com をご覧ください。

Quadient 連絡先

ジョー・コラロ

グローバル プレス リレーションズ マネージャー

+1-866-883-4260 内線 1590年

j.scolaro@quadient.com

付属品

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *