SFPD 草案ポリシーでロボットの殺害を許可



来週の監督委員会の承認に向かう政策提案では、ロボットを使用して容疑者を殺害することをサンフランシスコ警察に明示的に許可する.

SFPD が軍用武器の使用をどのように許可するかを定義する新しいポリシーは、警察によってまとめられました。 過去数週間にわたって、監督委員会規則委員会を構成する監督者のアーロン・ペスキン、ラファエル・マンデルマン、およびコニー・チャンによって精査されてきました。

政策草案は、ロボット戦に関する文言や、軍用武器の在庫から何百ものアサルトライフルを除外し、武器の価格に人件費を含めていないことに対して、支持者からの批判に直面している.

委員会の委員長であるペスキンは当初、「ロボットは、いかなる人物に対しても力の行使として使用してはならない」という文を挿入することにより、部門のロボットに対する SFPD の権限を制限しようとしました。

翌週、警察は彼の動議に太い赤い線を引いた。

それは、ロボットを介して致命的な力を使用する部門の権限を体系化する文言に置き換えられました。 .」から SFPD へ。

これは、市にとって合法的なルビコンをマークする可能性があります。サンフランシスコでは、ロボットの力の行使が承認または禁止されたことはありません。 このポリシー草案のバージョンは、先週規則委員会によって全会一致で承認され、11 月 25 日に理事会全体の前に提出されます。 29.

「彼らが提出した当初の方針は、ロボットが致死力を発揮できるかどうかについては実際には言及されていませんでした」と Peskin 氏は述べています。 彼は、「致命的な力の配備が唯一の選択肢であるシナリオがあり得る」と部門が主張したため、SFPDの警告されたガイドラインを最終的に承認したと付け加えた.

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *